メニュー

院長ブログ

内臓脂肪と皮下脂肪(2021.07.01更新)
メタボリックシンドロームは、高血糖や脂質異常、高血圧といった心血管疾患の危険因子が重複した病態をいいます。判定基準のひとつにお腹まわりのサイズがあり、男性で85cm以上、女性で90cm以上が該当します… ▼続きを読む

名曲喫茶と音楽療法(2021.06.24更新)
京都での学生時代を過ごした風呂なしアパートの近くに、小さな喫茶店がありました。この店の静かな雰囲気とバターライスが好きで、京都学派の哲学書や当時流行っていたカオス理論に関する書籍などを提げて、時に、日… ▼続きを読む

家庭血圧測定と血圧計あれこれ(2021.06.17更新)
ご自宅で測定された家庭血圧は、高血圧の評価や管理をする上で、大切なデータのひとつです。健康診断の会場や診察室で血圧を測ると、途端に高い値になるなどした経験をお持ちの方も、少なくないでしょう。体を安静に… ▼続きを読む

便秘と心臓病(2021.06.10更新)
加齢とともに増加する症状のひとつに、便秘があります。当院でも、便秘に対するお薬を希望される方が多くおられます。原因として、大腸の動きが弱くなることや、便が硬くなることなどがあります。なかには、がんなど… ▼続きを読む

傘と心臓の穴(2021.06.03更新)
今年は、いつもより早く梅雨入りしました。この時期になると、駆け出しの新聞記者だったころ、上司から、梅雨入りにふさわしい写真を撮って、記事にするように言われたことを思い出します。私が選んだのは、店先に並… ▼続きを読む

イナーシャと医療(2021.05.27更新)
最近、医学雑誌等で、イナーシャという言葉を目にするようになりました。 イナーシャとは、慣性を意味し、外からの力の影響を受けず、そのままの状態にある性質をいいます。惰性と言い換えることもできるようです… ▼続きを読む

パンと糖質(2021.05.20更新)
研修医時代に保健所研修で御世話になった保健師さんが、昨秋、岡山市内にパン屋を開店されました。無添加生地で焼きたてのパンが売りで、写真を眺めるだけで食欲をそそられます。新型コロナ禍が落ち着いたら、まず訪… ▼続きを読む

ダンスの追憶と足壊疽(2021.05.14更新)
「若いころ、よくダンスホールで踊っていたんだ」。勤務医だったころ、糖尿病治療のために入院していた初老の患者さんが、青年時代の写真を、恥ずかしそうに見せてくれたことがあります。のちに、結婚し、その後、離… ▼続きを読む

免疫と食生活(2021.05.06更新)
ウイルスなどの外敵から身体を守る仕組みを、免疫といいます。私たちの体内では、侵入してきた外敵を直ちに迎え撃つ自然免疫と、外敵の種類を見分けた上で狙ったものだけを攻撃する獲得免疫の2段構えで、新型コロナ… ▼続きを読む

あるSF短編漫画と新しい世界(2021.04.28更新)
新型コロナウイルス感染が猛威をふるうようになってから、十代のころに読んだある漫画を時々思い出します。藤子・F・不二雄の「流血鬼」(小学館)というタイトルのSF短編です。同氏は、「ドラえもん」など子ども… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME