メニュー

院長ブログ

家庭血圧測定と血圧計あれこれ(2021.06.17更新)
ご自宅で測定された家庭血圧は、高血圧の評価や管理をする上で、大切なデータのひとつです。健康診断の会場や診察室で血圧を測ると、途端に高い値になるなどした経験をお持ちの方も、少なくないでしょう。体を安静に… ▼続きを読む

便秘と心臓病(2021.06.10更新)
加齢とともに増加する症状のひとつに、便秘があります。当院でも、便秘に対するお薬を希望される方が多くおられます。原因として、大腸の動きが弱くなることや、便が硬くなることなどがあります。なかには、がんなど… ▼続きを読む

傘と心臓の穴(2021.06.03更新)
今年は、いつもより早く梅雨入りしました。この時期になると、駆け出しの新聞記者だったころ、上司から、梅雨入りにふさわしい写真を撮って、記事にするように言われたことを思い出します。私が選んだのは、店先に並… ▼続きを読む

イナーシャと医療(2021.05.27更新)
最近、医学雑誌等で、イナーシャという言葉を目にするようになりました。 イナーシャとは、慣性を意味し、外からの力の影響を受けず、そのままの状態にある性質をいいます。惰性と言い換えることもできるようです… ▼続きを読む

パンと糖質(2021.05.20更新)
研修医時代に保健所研修で御世話になった保健師さんが、昨秋、岡山市内にパン屋を開店されました。無添加生地で焼きたてのパンが売りで、写真を眺めるだけで食欲をそそられます。新型コロナ禍が落ち着いたら、まず訪… ▼続きを読む

ダンスの追憶と足壊疽(2021.05.14更新)
「若いころ、よくダンスホールで踊っていたんだ」。勤務医だったころ、糖尿病治療のために入院していた初老の患者さんが、青年時代の写真を、恥ずかしそうに見せてくれたことがあります。のちに、結婚し、その後、離… ▼続きを読む

免疫と食生活(2021.05.06更新)
ウイルスなどの外敵から身体を守る仕組みを、免疫といいます。私たちの体内では、侵入してきた外敵を直ちに迎え撃つ自然免疫と、外敵の種類を見分けた上で狙ったものだけを攻撃する獲得免疫の2段構えで、新型コロナ… ▼続きを読む

あるSF短編漫画と新しい世界(2021.04.28更新)
新型コロナウイルス感染が猛威をふるうようになってから、十代のころに読んだある漫画を時々思い出します。藤子・F・不二雄の「流血鬼」(小学館)というタイトルのSF短編です。同氏は、「ドラえもん」など子ども… ▼続きを読む

カリウムと不整脈(2021.04.22更新)
血液検査で、カリウム値の異常をいわれたことはありませんか。カリウムは、体内では、そのほとんどが細胞の中に存在し、細胞外のナトリウムとバランスを保つことで、細胞を正しい状態に保つ働きをしています。そのた… ▼続きを読む

感染予防と「孤『食』のグルメ」(2021.04.15更新)
テレビの深夜番組で、「孤独のグルメ」や「絶メシロード」 (いずれもテレビ東京系列局で放送)など、食をテーマにしたドラマ作品が人気のようです。これらに共通しているスタイルは、主人公が1人で黙々と食事をと… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME