メニュー

院長ブログ

肩こりと葛根湯(2020.01.23更新)
咳や喉の痛み、鼻水、鼻づまりといった、いわゆる風邪の症状で来院される患者さんが多い季節です。今冬は、早い時期から、インフルエンザウイルスが猛威を振るっていますが、風邪の症状も、インフルエンザウイルス感… ▼続きを読む

脚のむくみと心不全(2020.01.16更新)
脚のむくみは、誰にでも起こりうる症状です。長時間の立ち仕事やデスクワークに従事しておられる方は、特に夕方、脚のむくみを感じることがあるかもしれません。 脚がむくむのは、多くの場合、心臓から足先まで流… ▼続きを読む

おせち料理と塩分(2020.01.09更新)
最近では、年末年始でも営業している飲食店やコンビニエンスストアが増え、新年を迎える時節の食生活が多様化していますが、お正月の定番料理といえば、やはりおせち料理ではないでしょうか。我が家の年明けも、家族… ▼続きを読む

ハーメルンの思い出とネズミ(2020.01.03更新)
学生時代、バックパックを背負って世界各地を旅しました。そのひとつ、ドイツのハーメルンという町は、笛吹き男の童話で知られています。13世紀、この町にネズミが大繁殖し、人々は感染症に悩まされていたことから… ▼続きを読む

見ための若さとテロメア(2019.12.26更新)
私たちの細胞には、遺伝情報を含んだ染色体という物質があります。染色体は、特殊なタンパク質に、DNAがコイル状に巻きついた棒状のかたまりで、その末端に、テロメアという構造があります。テロメアは、染色体を… ▼続きを読む

抗菌薬と耐性菌(2019.12.19更新)
世界初の抗生物質であるペニシリンが発見されたのは、1928年のことです。以降、細菌による感染症に対し、抗生物質などの抗菌薬が果たしてきた功績は、計り知れません。一方、薬剤耐性菌という言葉をご存じでしょ… ▼続きを読む

インフルエンザウイルス感染症と治療薬の選択(2019.12.11更新)
インフルエンザウイルス感染の流行期を迎えました。当院でも、多くの方が、予防接種を受けておられます。ただ、予防接種の効果は、感染時の重症化予防や、他者への感染拡大予防がメーンで、感染自体をシャットアウト… ▼続きを読む

ファンランとそのすすめ(2019.12.05更新)
今年もまた、自身の中で恒例となっている、湘南国際マラソン10kmの部に参加してきました。湘南海岸や江ノ島、また、遠く富士山を眺めながらのコースは、記録より走ること自体を楽しむ、ファンランがモットーであ… ▼続きを読む

すきま風と弁膜症(2019.11.28更新)
ひんやりとした空気が、広葉樹の色づいた葉全体に染みわたり、晩秋の趣を感じます。木枯らしとともに入り込むすきま風も、また、寒い冬を迎える準備をするよう知らせてくれる便りのようです。 大切に使ってきた家… ▼続きを読む

もの忘れと認知障害(2019.11.20更新)
「最近、もの忘れが多くて、認知症じゃないかと心配」との声を、特に、高齢の患者さんからお聞きすることがあります。認知症は、もの忘れの原因としてよく知られていますが、お薬やビタミン欠乏、甲状腺や肝臓の病気… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME