メニュー

院長ブログ

もの忘れと認知障害(2019.11.20更新)
「最近、もの忘れが多くて、認知症じゃないかと心配」との声を、特に、高齢の患者さんからお聞きすることがあります。認知症は、もの忘れの原因としてよく知られていますが、お薬やビタミン欠乏、甲状腺や肝臓の病気… ▼続きを読む

咳と心臓喘息(2019.11.15更新)
風邪薬を飲んでも、咳の症状が改善せず、息苦しい。そんな症状で来院される患者さんの中に、咳の原因が、実は心不全だったということがあります。いわゆる、心臓喘息の状態です。 心不全は、さまざまな原因によっ… ▼続きを読む

骨粗鬆症と糖尿病(2019.11.08更新)
今回は、内科医の立場から、代表的な骨の病気である骨粗鬆症を話題にしてみます。 骨が弱くなること、つまり、骨強度が低下することにより骨折しやすくなる状態を、骨粗鬆症といいます。骨強度は、骨密度と骨質(… ▼続きを読む

寒暖差と弛張熱(2019.10.31更新)
朝夕の冷え込みが次第に強くなり、日中との寒暖差が激しい日も増えてきました。同時に、いわゆる風邪の症状で来院される患者さんも多くなっています。 ところで、風邪症状のひとつでもある発熱は、熱の出かたによ… ▼続きを読む

メッツと生活習慣(2019.10.24更新)
メッツという用語をご存じですか。メッツとは、日常の生活活動や運動によるエネルギーの消費量が、安静時の何倍にあたるかを表した単位をいいます。 国の推進する「健康日本21」に沿って策定された「健康づくり… ▼続きを読む

お酒とほどほどの量(2019.10.18更新)
豊穣の季節、旬の食材に舌鼓を打ちつつ、ついついお酒がすすむという方もおられるのではないでしょうか。ただ、過度の飲酒は、喫煙と同等の動脈硬化リスクがあるともされ、禁物です。 では、ほどほどの飲酒量とは… ▼続きを読む

中性脂肪と運動のすすめ(2019.10.10更新)
運動するのに、心地よい季節になりました。高血圧やコレステロール異常、糖尿病といった生活習慣にかかわる病気をお持ちの方にとっても、ちょっと体を動かしてみようかという、よいタイミングになるかもしれません。… ▼続きを読む

多剤内服と味覚障害(2019.10.03更新)
日本人の死因として、心疾患は癌に次いで多いとされます。心不全の患者さんでは、癌の患者さんと比べ、併存疾患が多い、つまり、心臓以外の病気もたくさん抱えておられる方が多いというのが特徴ともいわれます。その… ▼続きを読む

ちぎり絵と脳トレ(2019.09.26更新)
先週末、周南市美術博物館で、和紙ちぎり絵作品展を鑑賞しました。和紙のあたたかい素材を生かした素敵な作品が並び、それぞれの作家の思いが伝わってきました。 今回、同作品展を訪ねたのは、当院かかりつけの患… ▼続きを読む

山口県民と減塩ライフ(2019.09.19更新)
先週、県医師会の研修会へ出席するため、山口市の県総合保健会館を訪ねました。同会館は、県健康づくりセンターとしても機能しており、1階ロビーには、健康に関するさまざまなパンフレットが並べられたり、クイズコ… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME