メニュー

院長ブログ

春の雨と春雨(2022.03.17更新)
3月下旬から4月にかけて降る雨を、春雨といいます。生命の萌芽に満ちた季節を雨滴で彩るように降り続けながら、新しい年度を迎えます。厳密には、立春から3月初旬までの春の雨と区別されるようです。春雨には、春… ▼続きを読む

難聴と心臓病(2022.03.10更新)
難聴は、誰かの話す声や音が聞こえにくい状態を指します。診察室で、いつもにこやかな表情を見せてくれる患者さんでも、「体調におかわりないですか」と尋ねた際、ジッと笑顔のままで、頷いたり首を横に振ったりされ… ▼続きを読む

桃とアーモンド(2022.03.03更新)
ひな祭りは、女児の健やかな成長を願う年中行事のひとつです。桃の節句とも言いますが、これは、現在の3月上旬から4月中旬までにあたる旧暦の3月3日が、桃の花が咲く季節であることに由来します。その歴史は古く… ▼続きを読む

ショートケーキとヘルシースナッキング(2022.02.24更新)
ケーキと聞いて、まず思い浮かべるのは、クリームをのせたスポンジ生地に苺をあしらったショートケーキです。シンプルな見ためが、洗練された甘さをより引き立ててくれます。 ところで、ショートケーキの「ショー… ▼続きを読む

遍路と米寿(2022.02.17更新)
瀬戸内海沿いの病院に勤務していたころ、休日を利用して、四国八十八ヶ所霊場をすべて巡ったことがあります。早朝、マイカーで自宅を出発し、その日の夜、帰宅するというやり方で、弘法大師が1,200年前に残した… ▼続きを読む

炙り料理とアブレーション(2022.02.10更新)
回転寿司のネタで、炙(あぶ)りサーモンというのがあります。好みにもよるでしょうが、バーナーで刺身の表面を炙ることで、旨みが凝縮されて香ばしさが増し、一層おいしく感じられます。マグロや鯛などサーモン以外… ▼続きを読む

節分と福豆(2022.02.03更新)
今年も、新型コロナ禍での節分となりました。京都市左京区にある吉田神社の節分祭は、例年ですと、参道などに約800もの露店が並び、大勢の参拝客が訪れます。参道に隣接した母校の大きな正門が閉じられるのも、1… ▼続きを読む

五十肩と糖尿病(2022.01.27更新)
「最近、腕を上げられなくなった」「肩が痛くて、動かせない」といった声を、中年以降の患者さんから、よくお聞きします。原因として多いのは、肩関節周囲炎、いわゆる五十肩です。四十肩と呼ぶこともあるようです。… ▼続きを読む

学生街の名物カレーとスパイス効果(2022.01.20更新)
京都市左京区の百万遍交差点を東に入った、学生街の路地裏に、かつて、大盛で定評のあった名物カレー屋がありました。底の薄い大皿に、山のようにそびえ立つライスと、その麓に添えられたやや辛口のカレールーが、学… ▼続きを読む

下肢の動脈とセルフチェック(2022.01.13更新)
股関節から足先までを下肢といいます。下肢は、心臓から大動脈を経て送り出される動脈血により栄養されていますが、下肢の動脈が細くなったり詰まったりすると、歩行時の痛みやしびれ、疲労などを自覚するようになっ… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME