メニュー

院長ブログ

新型コロナの時代と花粉症(2021.02.04更新)

そろそろ花粉症のシーズンを迎えます。日本気象協会の2021年春の花粉飛散予測第2報によりますと、県内では、例年と比較し、花粉の飛散量が少ないと算出されていますが、前年の実測値より、やや多いとされています。いずれにしても、毎年苦しい症状でお悩みの方にとっては、しばらく憂鬱な日々が続きそうです。

さて、新型コロナウイルスが世界中を席巻している時代において、花粉症の患者さんにとっては、これまでとは異なる対応を余儀なくされる場面がでてくるかもしれません。たとえば、マスクをはずして鼻をかむとき、まわりからの飛沫を受けないよう、また、自身の飛沫を周囲に拡散させないよう、注意する必要があります。また、かゆい眼を指でこするとき、まず、手洗いができているかどうか確認することなどが大切です。

だるさや嗅覚障害などは、花粉症と新型コロナウイルス感染症に共通した症状です。花粉症の患者さんで、例年とは異なる症状を感じる場合、新型コロナウイルス感染症罹患の可能性も含め、対応可能な医療機関で相談されるのがよいでしょう。

当院では、花粉症に対する減感作療法を含めた薬物療法や、新型コロナウイルス感染症に対する抗原簡易検査などを適宜実施し、かかりつけの患者さんの不安を少しでも取り除くことのできるような環境整備を進めています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME